派遣社員の働き方を徹底解説しています

派遣社員の体験談はこちら!≫

HSPの天職は必ず見つかります【当事者の経験談あり】

HSPの天職を当事者が考えてみました【経験談を語ります】 HSP/HSS型HSP

感受性豊かで人一倍に繊細で敏感なHSPの人は、仕事選びもかなり慎重になりませんか。天職を見つけたくても、わからない…。私はそうでした。

仕事って人生の大半を占めるものですよね。それが合わなかったり辛かったりすると、生きづらさを感じてしまうのは自然なことです。

私も転職を繰り返してきました。会社の数で言うと8社は超えています。

アルバイトで仕事を始めてすぐやめてしまったり、せっかく正社員になっても職場環境が辛すぎて退職したり、踏んだり蹴ったりです。

今は、人材業界や英語教育関係のライティングや翻訳をしています。「ようやく私にとっての天職だ〜!」と感じられるようになりました。

そこで今回は、HSPの特性を深掘りして、HSPに向いている職業を紹介します。

HSPの天職について考えたとき避けたい業務

マルチタスク

私自身いろんな職種を経験したことで、HSPの人が仕事をする上で避けたい業務が分かりました。

それは主に次の2つです。

  • 営業
  • 電話対応

営業

一時期、営業職としてシェアオフィスの売り込みをしていました。

毎日クライアントにオフィスの魅力を語り、頭を下げ…常に緊張している日々で、とにかく辛かったです。休憩時間や休日でさえ、ノルマや営業成績のことが頭から離れませんでした。

さらにテレアポも業務の一環だったため、知らない人に電話をかけて強引にサービスの売り付けをして、クライアントからは軽くあしらわれる…、そんな毎日でした。

HSPの私にとって、知らない人にいきなり営業をかけるのは苦痛そのものでした。ストレスで寝込む日もありました。

結局3ヶ月過ぎたころには、心身ともにボロボロで泣く泣く退職しました。「せっかく正社員で雇ってもらえたのに…」と自己嫌悪に陥りました。

今考えるとHSPに向かない作業ばかりの仕事内容だったと感じています。それに加えて、正社員にも向いていなかったです。

≫ HSPが派遣社員に向いている理由を解説します【正社員じゃないとダメなの?】

電話対応

英文事務の仕事に就いたとき、鬼門だったのが電話対応でした。

プライベートでは、知人からだとわかっていても、急な電話は出られず、後で折り返し連絡するくらい、電話が苦手でした。仕事となるとそういうわけにはいかず、否応なしに電話対応をしなければいけません。

周囲にやりとりが聞かれているので余計に緊張してしまって、言葉も間違える…、さらに自分の心の準備ができていないのに、電話に出て元気よく話さなければいけないのも、大きなストレスになっていました。 

事務職なので上司や同僚に頼まれた書類のコピーをしたり、来客の対応をしたり、メールも返したり…。細かな仕事がたくさん発生します。

マルチタスクが苦手だった私は、何かに集中しているときに違う作業がいきなり入るとパニックになります。

HSPはマルチタスクが苦手、という特性に私は完全に当てはまってますね。

HSPの天職について本気で考えて選んだ職業

アイデアを出す人たち

職場に行くと考えただけで胃痛が起こり、結局長くは続かず退職してしまいました。「せっかく正社員として就職したのに、自分が弱いからだ…」と自分を責め続けました。

私が経験した職業は

  • カフェ店員
  • アパレルショップ店員
  • 英語の家庭教師
  • イタリアンバルのスタッフ
  • 留学エージェントの営業
  • シェアオフィス会社の営業・ブログ運営
  • イベント企画会社の営業・広報
  • 輸入会社の英文事務・翻訳
  • 建築会社での翻訳
  • 出版社でのライティング・翻訳
  • 法律事務所で翻訳
  • 製薬会社での翻訳

HSPの天職は私にとって英語を使うことだった

いろんな会社や仕事を通して自己分析をしました。そして出た答えが、英語を使って在宅のフリーランスになることでした。その中でも翻訳は、今でも自分の天職の1つになっています。

自己分析についてはこちらで深掘りしています▼

幸運にも英語でライティングや翻訳の経歴ができた私は、その後企業と業務契約を結んだり、翻訳コミュニティ(アメリア)を通して仕事を受注できるようになりました。

英語関連で私が軸にしているのは

  • 翻訳
  • ライティング
  • 英語学習のアドバイス

です。

HSPが語学と相性が良いこと、相手の気持ちを汲み取れる特性を活かして、私自身の留学経験や英語の勉強方法をベースにアドバイスや相談に乗っています。

翻訳については、依頼があればどんな分野でも対応しますが、好きなのは次のようなものです。

  • 観光・文化に関する記事
  • 映像コンテンツ
  • アート関連のプレスリリース

映像コンテンツを翻訳するには特殊なスキルが必要なので、日本映像翻訳アカデミーとアルクが共同開発・運営している映像翻訳Web講座で学びました。

以下の記事で映像翻訳Web講座について紹介しています。映像翻訳に興味がある人は読んでみてください▼

≫ 映像翻訳者を目指すなら独学よりも通信講座が近道【最短でスキルを習得しよう】

≫ 字幕翻訳者になるにはスキルが必要です【独学では難しい】

しっかり原文を理解しなければならない翻訳の仕事は、HSPの「細かなところにも目が行き、深く考えられる気質」が強みとして活かせています。自分のペースで作業しやすいのも助かっています。

英語学習アドバイザーの資格を習得したい人は、アルクの英語学習アドバイザーコースでプロのスキルが学べます。

在宅で仕事ができるので、最高です。

\オンラインで資格取得できます/

HSPの天職と考えられる職業

アイデアを見つけた人

「HSPの天職」と一括りにはできません。

私の場合は英語を軸に天職に巡り合えましたが、同じHSPでも強く出る気質は人それぞれで、合う・合わないはあります。

そこでここでは一般論としてHSPに向いている職業を挙げてみます。

  • エンジニア(技師)
  • プログラマー・SE
  • Webデザイナー
  • カウンセラー
  • 日本語講師
  • 家庭教師
  • ライター
  • 小さな会社やお店のスタッフ
  • ハンドメイド作家

プログラマーやSE、Webデザイナーは専門性も高く、細かなところまで目が行くHSPに向いていると考えられます。

私事ですが最近WebデザインをCodeCamp(コードキャンプ)で学び始めました。超がつくほど初心者で亀の歩みですが、学習している時間が楽しくて、きちんとデザインできるようになるまで学ぼうと思っています。

こちらで経緯や利用しているスクールを書いています▼

≫ HSPがWebデザイナーに向いている3つの理由【HSP当事者も実感】

≫ HSPでWebデザイナーを目指したいならここ!高品質オンラインスクールをご紹介【超初心者向け】

教える仕事、例えば日本語講師や家庭教師も向いています。「どうしたら理解しやすいか」を、相手の立場になって考えられる、HSPの特性が活かされるからです。

その他、感受性の豊かさを活かしてカウンセラーとして活躍しているHSPの人も多いですね。

HSPの天職=あなたにとって合う職業

PCで仕事をする人

HSPの天職についてお話ししましたが、一番大切なのは「あなたがどう感じるか」です。いくらHSPに向いてない職業でも、実際に活躍されている人はたくさんいます。

営業でバリバリ成果を残している人、接客が楽しくてしょうがない人、いろんなタイプのHSPの人がいますよね。

職業は仕事内容だけではなく、勤める会社の社風や職場環境にも大きく左右されます。

「合わないな」と思っている仕事でも、転職して会社を変えると「合っている」仕事になったりします。何度も転職を繰り返した私もそうでした。

どんな仕事が自分の天職か分からなくて困っている人が、この記事で職業選択の参考になったら嬉しいです。

※本記事に掲載した情報は公開日時点ものです。ご利用の際は各スクールのホームページ等で最新情報をご確認下さい。

タイトルとURLをコピーしました