HSP/HSS型HSP関連の企画はこちら

HSPの人が満員電車に乗るとき使いたいアイテム【ノイズキャンセリング機能付き耳栓】

HSPの人が満員電車に乗るとき使いたいアイテム【ノイズキャンセリング機能付き耳栓】 HSP/HSS型HSP

満員電車が好きな人って少ないと思いますが、HSP(ハイリー センシティブ パーソン)にとっては特に苦手な存在。

外部の刺激に敏感でパーソナルスペースも広いので、他人に囲まれて小さな空間に押し込められるだけで疲れ切ってしまいます

大勢の感情や話し声、息づかいが刺激として入ってくるので、心の中ではいっぱいいっぱい。

HSP(HSS型HSP)の KIKI(キキ)です(@kikislog

私が在宅勤務を選んだのも、満員電車を避けるためでした。

満員電車でエネルギーを吸い取られて、オフィスに着くころには働く気力が残っていないんです。

働きたくても働くのが辛い。

満員電車に乗らないような生活が私には必要でした。

それでも、生活していると何度かは満員電車に乗る日があります。

そんなとき、出会ったのがノイズキャンセリング機能付き耳栓

今回は

  • 満員電車の苦痛を少しでも和らげたい
  • HSPにぴったりの耳栓を知りたい

という人のために、ノイズキャンセリング機能付き耳栓についてまとめました。

満員電車で感じる外部の刺激をシャットアウトして意識を切り離すことで、目的地までやり過ごせています。

スポンサーリンク

HSPでも満員電車が過ごしやすくなるノイズキャンセリング機能付き耳栓

都市の高層ビル

ノイズキャンセリング機能付き耳栓は満員電車で周りの雑音が気になるとき、その音をカットしてくれます。

この機能を使うことで騒音をシャットアウトしながら、必要な声やアナウンスは聞こえる状態になります。

外部の刺激を敏感に感じとるHSPの人にとっては救世主。

周囲の雑音が減るだけで、満員電車の苦痛がすーっと安らぐんです。

ノイズキャンセリング機能付き耳栓のメリット&注意点

チェックリスト

HSPの人が満員電車に乗るときノイズキャンセリング機能付き耳栓をすると得られるメリットはこんな感じです▼

  • 気になる周囲の雑音だけを90~95%低減
  • 雑音は消えるけど呼び掛け声やアナウンス、着信音はきちんと聞こえる
  • 重量が軽くてコンパクトなので持ち運びに便利
  • 見た目がスタイリッシュ

イヤホンでもいいのですが、音楽も流したくない人にとってはイヤホンをわざわざ買わなくてもノイズキャンセリング機能が付いている耳栓で十分。

しかもリーズナブルな値段で買えます。

満員電車以外でも勉強や作業など集中したいとき使っています。

空調音とかも気になるときは気になっちゃうんですよね。

私はノイズキャンセリング機能付きイヤホンも持っていますが、音楽で気がそれてしまうこともよくあります…。

ベース音が気になって頭から離れなくなったり。

耳栓だと、満員電車の雑音をシャットアウトしながら電車アナウンスや着信音など必要な音は聞こえるのでセキュリティ面でも安心

一度使うと自分が今までいかに周囲の雑音にさらされていたかよく分かります。聴覚も敏感なHSPの人は、これだけでストレスが減るはず。

反対に、注意点は以下です▼

  • 音楽は聴けない
  • 無音にするのは難しい

音楽が聴きながら雑音を消したい人はノイズキャンセル機能付きのイヤホンを選びましょう。

無音状態にはできませんが、耳栓をつけると世界が変わります。

HSPの人が満員電車に乗るとき使いたいノイズキャンセリング機能付き耳栓

アイデアを見つけた人

HSPの人に満員電車で使ってほしい耳栓はこちら。

キングジム デジタル耳せん「MM1000」

キングジム デジタル耳せん「MM2000」

どちらのモデルも気になる環境騒音だけを消して「呼びかけ声」「アナウンス」「着信音」など必要な音は聞こえるように設定されています。

ホワイトのMM1000が初期モデルでブラックのMM2000が後継モデルです。

特徴を表にまとめるとこんな感じです▼

品番 MM1000 MM2000
本体色 ホワイト ブラック
本体価格(税込み) ¥4,980+税 ¥8,500+消費税
ノイズキャンセル 最大:-20dB(90%) 最大:-25dB(95%)
外形寸法 W64×H14×D64mm
※イヤホン・コードストッパー除く
コントローラー部
約W13×D50×H7mm
バッテリー部
約W14×D52×H8mm
質量 約33g (電池除く、コードを含む) 約17g
電源 単4形アルカリ乾電池×1本 リチウムイオンバッテリー
連続使用時間 アルカリ乾電池
約100時間
エネループ
約60時間
約50時間
充電時間 約3時間
コード長 約85cm 約54cm

MM2000の大きな違いは

ノイズキャンセリング機能:90%から95%にアップ。

防滴・防塵機能:IP52準拠の防塵性、防滴性を実現。

電源:乾電池から充電池へ変更。筐体を小さく軽量化。

イヤピース:ウレタンイヤピース付属。物理的なノイズキャンセリング効果をアップできます。

電池寿命:最大約50時間。MM1000はアルカリ乾電池で約100時間(エネループで60時間)。

本体の形状:ケーブル一体型でスマートに。

引用:キングジムのHP よくあるご質問「MM1000との違いは」

色の好みがありますが、充電がより長持ちするのがMM2000ですね。

コンパクトなのも持ち運びには便利です。

どうせ買うなら…MM2000かなと思いますが、これはお財布と相談です。

HSPの人が満員電車に楽に乗れますように

ベッドで眠る人

音に敏感なHSP。

外部の騒音がストレスになっていることに気づかず、頭痛がでたり疲労が溜まったりして体調を崩してしまう人もいます。

満員電車の不快さは音だけではないですが、騒音が聞こえなくなるだけで車内でのストレスの感じ方が違います。

「ノイズキャンセリングが使えるから大丈夫!」と精神的にも落ち着きます

満員電車に乗った日は、ゆっくり休む時間もとってあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました