【HSPのお仕事:No.3】ご経験談を語っていただきました【地方公務員】

【HSPのお仕事:No.3】ご経験談を語っていただきました【地方公務員】 HSP/HSS型HSPの経験談

「HSP/HSS目線で語る職業のメリット・デメリット」について当事者の方々に書いていただいています。

今回は地方公務員のご経験を、ぶんたんさんに語っていただきました。

HSPのお仕事経験談No.3:ぶんたんさんについて

まず最初はぶんたんさんについてご紹介します。

ご年齢30代前半
HSP?
HSS型HSP?
HSP
ご職業地方公務員
職場環境オフィス勤務
雇用形態正規職員
就業期間2012年4月~2020年3月

HSPのお仕事経験談No.3:お仕事内容

どんな環境で働いていますか?

ある政令指定都市の事務職員として勤務していました。

住民税、介護保険、国民健康保険を担当する部署を経験しています。

それぞれ制度は違いますが、共通して電話・窓口応対、制度運営のための事務処理作業を行っていました。

このお仕事を選んだのはなぜですか?

人の役に立つ人間になりたいという気持ちが強かったためです。

東日本大震災を経験したことで、生活の基盤にかかわる公務員になればたくさんの人を根底から支えることができるのではないかと考えるようになり、志望するに至りました。

職場環境について教えてください。

一緒に働いている人の人数や年齢は部署によってかなり差があります。

私が所属していた部署では、一番少ない部署が12名、一番多い部署が50名弱でした。

残業が多かったり仕事の共有がしづらい部署では男性や若い人の割合が高く、残業が少なかったり、仕事の共有がしやすい部署では子育て中の女性が多くなる傾向がありました。

HSPのお仕事経験談No.3:お仕事のメリット

HSPに向いているところを4つにまとめてくれました。

相談に来た人の相談したいことがすぐにわかる

役所の窓口では様々な人から相談を受けることになります。

相談しに来る方が制度のことを理解していることは稀で、役所で何をしたいのか、何を聞きたいのかさえ整理できていないまま来庁するというケースも珍しくはありません。

(焦っているときの私じゃないの…)

振り返ってみると、私は他の職員よりも早く的確に相手の意図することに気が付けていたように思います。

相手の話をよく聞き、内容を整理して確実な手続きにつなげることで、感謝していただけることも多々ありました。

おそらくですが細かいことによく気が付く相手の気持ちに共感するというHSPの性質がプラスに働いたのだと思っています。

ミスを未然に防げる

役所が行う事務は住民の方の生活と強く結びつくものであるため、ミスをしてしまうと住民の方に大変な影響を与えてしまうことになります。

私は事務処理を進める中で誤りに気付くことが多く、処理手順の中でミスを生みやすい箇所を発見することも得意でした。

じっくり考えて理解しようとする」、「細かいところに気が付く」というHSPの性質に助けられ、未然にミスを防げたことはとても多かったと感じています。

収入に対する不安要素が少ない

公務員は身分保障がかなりしっかりしているため、よほどのことをしなければ解雇されることはありません。

さらに自治体がなくなるということも考えにくいため、職を失う可能性が極めて低いです。

不安を感じやすいHSPにとって収入に対する不安要素が少ないという点はメリットになるのではないかと思います。

私自身、仕事をするなかで「仕事がなくなるかもしれない」とか「給料が払われないかもしれない」といった不安には一度も悩まされることがなかったのは大変ありがたいことだったな、と感じています。

ぶんたんさんのおっしゃる通り、収入が不安定だと不安や悩みが大きくなります。

フリーランスになるとき私もお金の不安は消えませんでしたし、1番最後まで足を引っ張っていました。

いろんな人の人生に触れ、奥深い経験をすることができた

役所には様々な年齢・境遇の方が訪れます。就職以前の人生で出会ったことのないような方の話を伺う中で様々なことを知り、考える機会に恵まれました。

お話を伺うのが辛いときもありましたが、いい意味での刺激もたくさん受けることができました。

社会の幅広さや奥深さを学び自分自身の引き出しを増やすことのできた、かけがえのない経験をさせてもらえたと思っています。

多くの人と接することがストレスに感じすぎる人もいますよね。

そこから吸収できるものを見つけようとしたぶんたんさんの姿勢…見習います。

HSPのお仕事経験談No.3:お仕事のデメリット

辛かった点を5つ挙げてくれています。

異動が多い

公務員は定期的な異動があり、私が勤めていた自治体では3年に1回のペースで部署を移ることになっていました。

異動すると転職したんじゃないかと思うくらい環境も仕事内容も変わります。

私が勤めていたのは比較的大きな自治体だったため、通勤先が変わり、同僚も対象となる住民の方も変わりました。

また、どの制度もつくりが複雑で内容を理解するには長い時間と多くの気力を消費します。

そしてやっと仕事をスムーズにこなせるようになった頃には、次の異動先を考えなければなりません。

大きな幅の変化が頻繁に訪れることがとてもしんどく、これをずっと続けるのは難しいと感じたことが退職の一因となりました。

公務員の異動がここまで大きい影響を与えるなんて知りませんでした。

「転職したんじゃないかと思うくらい」という表現から負担の大きさがひしひしと感じられます…。

電話・窓口対応が多く、じっくり仕事ができない

役所では日々膨大な事務処理を行わなければならないのですが、合わせて電話・窓口応対をしなければなりません。

その件数もとても多いため作業が頻繁に中断されます。

私は本来しっかり考えた上で作業に取り掛かり、集中して丁寧に仕事を進めたいタイプなのですが、こういった状況では全くそれができず仕事中イライラすることがしょっちゅうでした。

家に帰るころにはかなり疲れていて心身ともに調子を崩すことも珍しくはありませんでした。

HSPの気質から、ぶんたんさんのようにしっかり考えて作業に取り組みたい人は多いのかもしれません。

クレームが多い

電話でも窓口でも、とにかくクレームは多いです。

もちろんこちらの不手際に起因するものもありますが、理不尽な文句を言われたり、人格を否定されるようなこともしばしばあります。

かかってきた電話を取ったらいきなり怒鳴られたこともありました。

こういうことが起きると、かなりダメージを受けなかなか気持ちの切り替えもできず回復に時間がかかります。

何日も引きずってしまい、体調不良につながってしまうこともありました。

制度と住民の間で板挟みになることがある

住民の方からは様々な要望が寄せられますが、制度上不可能なためお断りすることもたくさんあります。

役所が取り扱う事務は法律や条例等で権限や内容が細かく定められているため、その決まりを外れた決定をすることはできません。

本当に困っていて相談に来た方に対して、絶対に誰かの助けが必要な状況だとわかっていても何も助けてあげられないということもあります。

そういったときはとてももどかしく申し訳ない気持ちになり、自分が落ち込むこともありました。

仕事の責任が重く、プレッシャーが強い

役所の仕事は住民の方の生活と密接にかかわるものであるため、間違いは許されません。

一つのミスが多くの住民の方に影響を及ぼす場合もあり、一つ一つの決定にかかるプレッシャーはかなり強いものでした。

新人のとき新システム導入の担当になったのですが、仕事が膨大な中で大きな判断を求められる機会がとても多く精神的にかなり疲労し、うつ病になって休職することになってしまいました。

現在についてもまとめてくださいました。

私は先の3月に退職しています。

HSPの要素のおかげもあって仕事自体はきっちりこなすことができ、上司からもいい評価をいただいていました。

適正としては問題なかったと思います。

しかし感受性の強さまじめさ責任感の強さなどが自分に対してマイナスに作用することが多く精神的なダメージが積み重なり、昨年の冬、不眠や気分の大きな落ち込みなどの症状に悩まされるようになりました。

かつてうつ病を発症した経験もあり、このまま仕事を続けていたら自分が壊れてしまうだろうと考え退職を決断しました。

安定した収入がなくなり周囲からももったいないと言われることも多いですが、心身ともにとても穏やかな暮らしを得ることができたので、退職したことに後悔はありません。

HSPのお仕事経験談を聞いて感じたこと

異動の少ない部署がHSPに向いているんじゃないかな、と漠然と思ってはいたものの公務員の異動でこんなに仕事内容や環境が変わってしまうとは知りませんでした。

最後のお言葉にもありましたが、ぶんたんさんが穏やかに過ごせる生活が何よりも大切で守るべきものです。

HSPの怖いところはうつ病などの精神疾患に繋がりやすい点だと私は考えています。

ぶんたんさんがご自身の異変を見逃さず決断なさったことは私も勇気づけられました。

役所をはじめ行政にお世話にならない人はいないはず。

何かと落ち着かない日々が続いている中、私たちの生活を支えてくださっている方々に、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

ぶんたんさん、ご経験を語っていただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました