HSPが派遣社員に向いている理由はこれ!【正社員じゃないとダメ?】

HSPが派遣社員に向いている理由はこれ!【正社員じゃないとダメ?】 HSP/HSS型HSP

「派遣社員として働くことに、なんとなーく興味がある」

「正社員でいるのが辛い。もっと楽に働きたい…」

「派遣社員って、稼げるの?」

こんなHSPのあなたに、派遣社員がHSPの気質に合っている理由を8つお伝えします。

わたしは派遣社員で5年ほど働いていました。

もちろん正社員はボーナスがあるし、安定しているし、急に職を失う心配は少ないです。

でもわたし自身の経験から、HSPの人は派遣社員の方が正社員よりも働きやすく、相性が良いことが分かりました。

そこで今回は

  • HSPが正社員に向いていないポイント
  • HSPの人が派遣社員に向いている理由
  • HSP向けの派遣会社

をお伝えします。

今の働き方が合っていないな、という人は、派遣社員を選択肢に含めてみてください。

結論を言ってしまうと、充分稼げます

\利用してよかった派遣会社です/

HSPは派遣社員より正社員に向いていない!その理由とは

注意喚起

正社員は確かに安定していますが、HSPの人は向いてない要素があります。

大きく分けると以下の4つです。

  • 人間関係に振り回される
  • 責任やノルマが多く発生する
  • 残業や理不尽なルールがある
  • 辞めにくい

人間関係に振り回される

HSPは人一倍人間関係に悩むことが多いんですよね。

正社員だと異動などがない限り、同じ社員と何年も仕事をすることになります。

上司や同僚と合わないと、ずっと悩みを抱えたまま働かなければなりません。

人事異動や要望を聞き入れてくれる場合は良いですが、あまりそんな理想的な会社ってないのが現実です。

さらに定期的に飲み会や歓送迎会があると毎回断るのも難しく、仕事以外の付き合いで疲れきってしまいますよね。

人間関係に振り回されてエネルギーを消耗しがちな人は、特に避けたいポイントではないでしょうか。

責任やノルマが多く発生する

正社員であることで、責任感業務のノルマと日々向き合わなければいけません。

HSPは些細なことでもストレスを感じやすいのに、仕事の責任感ノルマが多すぎるとストレスで体調を崩しやすくなります。

せっかく安定した仕事についても、すぐに辞めることになったり休職したりしてしまいがちです。それではもったいないですよね。

残業や理不尽なルールがある

多かれ少なかれ、正社員は残業が発生するケースが大半です。サービス残業、みなし残業もあるでしょう。HSPだと断れなくてついつい仕事も引き受けてしまって、残業確定なんて日常茶飯事です。

さらに正社員だと休日のメールチェックや休日出勤が必要な状況もあるので、常に仕事のことが頭から離れなくなります。

社風や会社の独特のルールは理不尽なことも少なくありません。服装や髪型、暗黙のルールなど、正社員だと違和感を抱いても守らなければいけないのも、小さなストレスが溜まっていきます。

辞めにくい

正社員は首になりづらい安定さがある反面、辞めるのも難しいです。わたしとしては、これが1番ネックでした。

タイミングや業務の進行状況などを考慮しなければいけないし、辞めようと思っても上司に引き止められたりすることもあります。

正社員で雇用されている以上、長いスパンで社員教育を考えていますし、会社のことを考えると自然なことかもしれません。

業務の引き継ぎや退職手続きで会社と揉めて、それがさらにストレスになってしまうこともあります。

HSPが派遣社員に向いている理由8つ

いいねマーク

HSPの人が派遣社員に向いている理由を、実体験も含めて9つお伝えします。

  • 責任やノルマが少ない
  • 派遣会社が間に立って交渉してくれる
  • ライフスタイルに合わせて働ける
  • 面接も1人じゃないので心強い
  • 残業した分はきちんと給料がもらえる
  • 派遣先の会社の社風に染まらなくていい
  • 休みがとりやすく、辞めやすい
  • 未経験の業界でも挑戦しやすい
  • とにかく自由度が高い!

責任やノルマが少ない

社会人として仕事をしているので少なからず責任はありますし、納期やスケジュールは守らなければいけません。

しかし正社員と比べると負担はかなり少ないですし、過度なプレッシャーを感じる心配がありません。責任感が人一倍強いHSPの人の、心身のストレスも減ります。

ライフスタイルに合わせて働ける

派遣社員はフルタイムの正社員に比べて、勤務日数や稼働時間はもちろん、職種、仕事内容、残業の有無など、条件を細かく決めて希望が出せます。そのため、自分のライフスタイルに合わせて仕事を探せる!

どうしても残業はしたくない、専門分野でスキルを身につけたい、1日働ける時間が決まっている…などプライベートを犠牲にすることなく働けます。

中には週3〜4日の時短派遣の求人もあるので、育児との両立をするお母さん、資格取得のためにスクール通いをしている人であっても、無理なく仕事を続けやすいのも嬉しいポイント。

勤務時間も、朝9時からのお仕事もあれば、13時からのお仕事もあるので、ライフスタイルに合わせて求人を探しやすいのは派遣社員の大きなメリットですよね。

\利用してよかった派遣会社です/

派遣会社が間に立って交渉してくれる

派遣先で人間関係に悩んだり職場でトラブルがあった場合は、派遣会社の営業担当者に相談できます。

さらにあなたに代わって派遣先と交渉をしてくれるので、言いづらいことや困ったことが発生したとき自分1人で抱え込む必要はありません。

わたしの経験ですが、派遣先の1つに業務用の携帯を支給する話があり、「休日もクライアントのメールをチェックしてほしい」と言われたんです。仕事を家に持ち帰りたくないし、休日に会社のことを考えたくなかったので、そのことを派遣会社の担当者に伝えました。

するとすぐに派遣元に連絡をしてくれて、携帯の支給やメールチェックの話を代わりに断ってくれ、問題は解決。(そもそも、時間外労働になるので契約外なんですが…)

もちろん自分で直接伝えるのが社会人としての礼儀かもしれませんが、1人で抱え込んでストレスで苦しむくらいなら、派遣会社のサービスを活用したほうが良いです。

面接も1人じゃないので心強い

あまり知られていませんが、派遣先との顔合わせは、派遣法によって定めがあり「職場見学」と呼ばれています。ですが、実際はほぼ「面接」です。事前に担当者から話があるとは思いますが、覚えておきましょう。

職場見学には、担当者さんが同行してくれます。その場では司会のような役割をしてくれるし、何か言葉に詰まりそうになってもフォローを入れてくれます。2人3脚で面接に挑んでいる感じでしょうか。

正社員の転職やハローワークを利用した就職は、「孤独」というイメージですが、派遣会社を通すとむしろ逆のイメージでした。1人よりも担当者さんがいることで、心強さは全く違うはずです。

残業した分はきちんと給料がもらえる

派遣で働いている以上、少しでも定時を過ぎれば残業代は発生します。報酬なしで残業、いわゆるサービス残業があると派遣会社の責任が問われますので、派遣先にも注意喚起をしています。

加えて派遣会社は派遣社員が働いた分の報酬を得ます。派遣会社も損をするので、サービス残業を見逃すわけにはいきませんよね。

派遣先の会社の社風に染まらなくていい

あくまでも働く場所は「派遣先」なので、その会社のルールや社風は最低限守っていればOKです。飲み会やイベントも「参加したければ、してね!」というスタンスの派遣先が多かったので、すごく楽でした。

HSPだと誘いを断るのが苦手な人には、メリットになりますよね。

休みがとりやすく、辞めやすい

派遣社員でも一定の条件を満たせば有給休暇がもらえます。事前に派遣先と派遣会社に連絡は必要ですが、有休は正社員と比べ格段に取りやすいです。さらに退職のことも言い出しやすい!

派遣社員は3ヶ月を目安に契約更新を行うので、どうしても職場や人間関係が合わなかったら「次の更新は無しで」と断れば辞められます。

更新の有無も派遣会社に伝えれば派遣元にも連絡がいくので、したくなければ直接伝える必要はありません。

何にも言わずにそのままいなくなる、というのは少し避けたいですが、引き止められたりもしないので精神的な負担はほとんどありませんでした。

未経験の業界でも挑戦しやすい

派遣社員というポジションだと未経験の仕事や業界でもチャレンジしやすいです。興味があれば応募してみたいことを派遣会社の担当者に伝えれば結構OKだったりします。

わたしは英語が使える仕事を探していましたが、未経験でライティングの仕事ができる出版社や、輸入業務に携われる商社で働いたりしました。

派遣社員だとチャレンジするハードルが低いんですよね。「とりあえずやってみよう!」ができるのもメリットです。

合わなければ契約の更新をしなければいいので、「続けなきゃ」とか「やめちゃダメだ」と自分を追い詰めなくて大丈夫。

派遣社員でもスキルの習得はできます。現にわたしは翻訳スキルを派遣社員時代に習得させてもらいました。翻訳はわたしが仕事としているものの1つに過ぎませんが、この仕事ができるのも派遣社員時代のおかげです。

PC関連・語学など、できれば早いうちから意識してスキルを身に付けておくと後々のキャリアの幅が広がるし、転職の際にも活かせます。

とにかく自由度が高い

自由に仕事を選べるのも大きなメリットの1つです。あなたの希望条件に沿って仕事を選んで働けるので、働き方で譲れないポイントが多い人にはぴったり。

副業がしやすいのも嬉しいですよね。副業をすればボーナスがなくても正社員のときと同じくらい稼げる人もいます。

\利用してよかった派遣会社です/

HSP向けの派遣会社・派遣サイトはここ

検索して調べる

HSPの人が登録しておきたい派遣サイト派遣会社をご紹介します。派遣会社も全国にたくさんあるのですが、結論から言うと、大手の派遣会社に登録するのが1番です。

実際に利用してみて、サービスが良かったりサイトが見やすかったりしたものは以下の2つです。

マイナビスタッフ

マイナビスタッフHP

マイナビスタッフは、マイナビが運営する派遣・紹介予定・人材紹介サービスです。

長年の実績から日本全国の新卒・中途採用情報サイトの取引先企業、大手・有名・優良企業の仕事豊富で、外資系の企業の案件も充実しています。

新卒情報サイトの大手であるマイナビが運営会社なので大学での認知度が高く、実際に大学事務の派遣求人が多いのも特徴です。

全国で登録会を実施!

マイナビスタッフは、全国8カ所に登録オフィスがあります。(北海道、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、九州)

お住まいの地域で登録会に参加できるのは、嬉しいですよね。登録会はもちろん無料です。

研修プログラムも充実

就業に必要なスキルが丁寧に学べる研修プログラムで、未経験でも社会人として安心して就業できる環境が整っています。

ビジネスマナー、PC関連の知識、オフィスで使用する機械(コピー機やFAX)の使い方など、就業に必要なことを1から学べます

就業後のフォローもあり

就業したらサポートが終わるわけではありません。定期的に担当者と面談があるので、仕事内容、職場環境、人間関係の悩みや要望などを相談できます。

普段話せないようなことも伝えられるのは心強いですよね。

福利厚生も充実

有給休暇や残業代の支払いをはじめ、OAのスキルアップや語学の資格取得の制度もあります。海外旅行などの優待制度で余暇をリーズナブルに楽しめます。

大手派遣会社の良さは、福利厚生が充実していて安心できますね。

マイページはこんなかんじ

マイナビスタッフのマイページ

登録すると、マイページからお仕事を探せたり、オンラインで給与を確認できたりします。

登録や求人への応募は全て無料です。時間があるうちに登録会に参加しておくと、後々余裕を持って仕事を探せるので、ぜひ登録だけでもしておいてください。

HSPで正社員にこだわりたい人は…

HSPの人でも「派遣社員より、やっぱり正社員がいい!」という場合は、紹介予定派遣を利用するのもありです。

紹介予定派遣とは、一定の期間(最長6ヶ月)派遣社員で働いた後、本人と派遣先の会社の双方の合意によって、社員になれる制度。

社員になる前に派遣で数ヶ月働くことで、職場の雰囲気や一緒に働く人との相性がわかるので安心です。安定を優先したい人は、正社員になれる紹介予定派遣が向いています。

先ほどご紹介したマイナビスタッフも紹介予定派遣のお仕事があるのでチェックしてみてください。

HSPの人の派遣社員経験談

個人のプロフィール

企業の受付のご経験を語ってくださった、ななぴさん。

秘書のご経験を語ってくださった、みぃさん。

どちらも派遣社員のご経験と、派遣社員のメリット&デメリットをバランスよく語ってくださっています。

HSPは派遣社員も視野に入れると人生楽になる

風船の気球に乗る人

HSPと派遣社員の相性って、意外にいいんですよね。

もちろん正社員のほうが安定していたりボーナスもあって魅力かもしれません。

世間体を考えて正社員になりたい人がまだまだ多いのが現状ですが、せっかく正社員になっても、心と体がボロボロになってしまって辞めてしまったら意味がありません。

わたしも正社員に固執していたときは視野が狭くて、働き方まで考えが及びませんでした。

結果、身体を壊して休職したり…。

派遣社員に切り替えてから仕事の過度なプレッシャーも減り、生活も楽になってスキルを身につける余裕も出てきて、結果フリーランスとして働けるようにもなりました。

とにもかくにも、ストレスが激減してびっくりしました。

仕事が続かないのは働き方に原因があるかもしれません。

働き方に迷っている人や、今の仕事が合ってないなと感じる人は、派遣社員も選択肢の1つに入れてみてください。

\利用してよかった派遣会社です/
タイトルとURLをコピーしました