HSP/HSS型HSP関連の企画はこちら

英語を0から始める初心者の方へ!独学にぴったりの英会話教材を10個ご紹介【解説あり】

英語を0から始める初心者の方へ!独学にぴったりの英会話教材を10個ご紹介【解説あり】 英語

訪日外国人はどんどん増えていく昨今、百貨店からコンビニ、飲食店でも店員さんが英語を話すことが必要になってきており、お店によっては従業員に英会話のセミナーやレッスンの受講を推奨しているところもあるそうです。

「海外からの観光客と話せたらいいなあ」と英会話に関心があっても、「英会話スクールに通う時間もお金もない」、「そもそも英語が苦手だし、何から手をつけたらいいの?」と行動に移せていない人、いませんか?

もちろんお金の事情や忙しさはそれぞれなので、気持ちは痛いほどわかります…。

ですが大金やまとまった時間がなくても、独学で英会話を習得する方法はあるんです。

英会話の勉強を始めても、1日や2日で喋れるようにはなりません。

日々少しずつ上手くなっていき、だんだん英語に慣れていき、コミュニケーションが取れるようになっていきます。

そこから継続して英語に触れると自然と口から英語のフレーズが出るようになり、気づけば会話がスムーズにできていきます。

逆を言えば、一度に勉強する時間は少しでも焦らず続けていけば上達するということです。

英語に触れる時間が長ければ、その分上達するのも早いですが、英語は「細く長く」が近道です。

今日より若い日はありません!この記事を読んだらさっそく始めてみましょう。

スポンサーリンク

英語を0から始める初心者が意識したいこと

勉強する人

いざ英会話を独学で始めようと思っても、「何から手をつけたらいいの?」となかなか一歩が踏み出せない人のために、初心者が勉強するときに心に留めておくべきことをお伝えします。

ゴールの設定

英語を話したいという気持ちは大切ですが、「なぜ」「何のために」英語を話したいのかを明確にするのが大切です。

そして、近いうちに達成できそうな目標を具体的に決めます。

「海外旅行に一人で行く」、「東京オリンピックのボランティアで英語スタッフをする」といった最終的なゴールを見据えた小さな目標です。

その小さな目標が達成できたら、次の目標を設定します。

そうやって、ちょっとずつ最終的なゴールに向かって進んでいくのです。

小さな目標の例としては、「名前や趣味が言えるようになる」、「自分の仕事や好きな映画の話ができるようになる」などです。

目標が決まったら、達成予定日を決めて日々何をするのか具体的に決めていきます。

「今日はフレーズを3つ覚えて言えるようにする」「単語を10個、10回ずつ発音練習する」と細かく設定しましょう。

手帳やカレンダーアプリにTo Doリストを作って管理すると、目に見えてわかるのでおすすめです。

目標が1つ達成できたら、新しい目標を1つ作ります。

一度に設定する目標は1つにするのがポイントです。そうすることで挫けそうになったときでも「○○してやるんだ!」と持ち直しやすくなります。

英語独自の文型に注目

学校で英語を勉強する際、5文型って習いますよね。

英語のほとんどの文章はこの5文型に沿って組み立てられていますが、いざ英語を話そうとすると全然出てこない…。

それは知っていても使うのに慣れていないからです。

日本語と英語は、文法や語順が違います。

文章やフレーズを繰り返して覚えるときも、英語独自の文型に注目しながら練習してみてください。

実際に声に出す

文章やフレーズを覚えるためには、実際に声に出して発音を確認しましょう。

英文を目で追っただけでは、その時は理解できた気になっていても、自分のものになっているとは限りません。

”the”や”a”を抜かしたり、動詞の活用を間違えて覚えていたり、小さなことだと思うかもしれませんが、こういった細かなところが実は英語では重要だったりします。

英会話で使えるようにするためには、声に出してフレーズごと覚えてしまうのが上達の近道です。恥ずかしさもここで捨てちゃいましょう!

教材は音声付きを選ぶ

会話は実際話して成立するもの。

英会話の上達には、音声付きの教材が役立ちます。

発音があっているか、強弱のつけ方など、いちいち調べるのは面倒ですよね。

音声付きの教材を使えば、正しい発音を習得しながら英会話を練習できるのでおすすめです。

日本語にはない発音もあるので、英語のリズムを意識して聞いてみてください。

好きな分野、興味があるものからやってみる

これが英語学習を続けられるかどうかの肝です。

わたしもそうなのですが、好きなコーヒーやアートに関しては時間を忘れて調べられますが、興味のないものは少し調べただけで嫌になってやめたくなります。

英語の場合も同じで、いきなり英字新聞に挑戦しても、内容に興味がなければストレスになって続けられません。

いくら質の良い英単語帳でも、単語を淡々と覚えるのは楽しくないですよね。

冒頭でもお伝えしましたが、英会話学習は継続が大切です。

無理にハードルを上げずに、「これならできそう」と感じたものや、興味のあるものから取り組んでいきましょう。

英語を0から始める初心者は英語の基礎も一緒に学ぶのがコツ

ひらめく瞬間

英会話の習得は、英語の基礎知識を知っておくのが習得の近道です。

とくに初心者の場合、まず英語に触れるということが大切で、いわゆる「英語に慣れること」が肝心です。

これは英語を継続して学んでいく上でも重要になります。

何でもそうですが、何かを習得するためには集中して取り組む必要がありますね。

英語に慣れるために、英語の基礎も一緒に学びましょう。

英語の基礎は

  • 単語
  • 文法
  • 発音
  • 文型

などです。

教材のフレーズを丸暗記すれば言いたいことを最低限表現することはできるかもしれませんが、それだけで会話は成り立ちませんよね。

相手とコミュニケーションを取るためには、英語の総合的な知識が必要です。

インプットできて初めてアウトプットができるので、英会話(アウトプット)するためには単語や文法(インプット)が大切です。

遠回りしているようですが、インプットをするかしないかで結果は全然違います。

「やること多すぎ…」とくじけそうになりますが、最近は1冊で単語や文法を学べる英会話の教材があるので、それを利用して英語の基礎を一緒に習得してしまいましょう!

英語を0から始めたい初心者向けの本6選【CD・音声データ付き】

成功体験

最近では動画やアプリなどで英会話が学べるようになりましたが、初心者におすすめするのは本です。

その理由としては、英語の基礎である単語や文法をまとめて学習でき、情報量が多いから。前記したように耳からも英語に触れるために、CDなどの音声付きの本を一冊、読み込むのがいいでしょう。

よく宣伝されている「聞くだけで英語がペラペラに」といった教材も効果がないわけではありませんが、最大限活かすためにはある程度英語に慣れて、基礎の土台ができてから挑戦してみてください。

ネイティブ英会話フレーズ集3240

テンポのいい音声CDが3枚付いており、すぐ使えるフレーズが詰まった一冊です。

CDを使って反復練習したいならこれですね!

フレーズは会話の相槌を始め短いものが多いので覚えやすく、実際に英語を話すというハードルを下げてくれます。

魔法の英会話フレーズ500 中学英語で世界中どこでも通じる

特記すべきは付属のCD!本に掲載されている全ての英文とその意味が収録されています。

50のテーマにそれぞれ10個フレーズがあるので、多岐にわたる英語表現を目と耳から覚えられます。

英語の基礎も同時に学べるので、この一冊で重宝します。

CDを利用して繰り返し練習すれば、実践するときの自信にもなりますね!

海外旅行ひとこと英会話CD-BOOK 相手が話す英語もCDに収録!

お金のやりとりや道案内など、海外旅行は聞き取りできるかどうかが重要な場面が多いですよね。

本書が他のCD付きのものと違うのは、相手の話す英語も収録されている点です。

そのため「相手の返答が聞き取れない」という悩みを解決してくれ、リスニング強化も兼ねて学習したい人にぴったりです。

CDの再生スピードも自然に近いので、リアルな英会話を想定して練習できます。

ひたすら自分だけ話し続けるよりも実践的で、よりスムーズな会話を身につけやすいです。

英会話1000本ノック 基本のあいさつから意見まで自分のことばでしっかり答える

CDが2枚付いているのですが、収録されているのは質問だけです。

CDのポーズの間に自分で考えて答えるようになっているので、話すことにかなり注力した一冊ですね。

CDだとついつい聞き流してしまいがちですが、このCDだと常に聞き取る→考える→答えるというサイクルになるので集中して英会話を習得できる仕組みになっています。

大変かもしれませんが、その分効果も大!です。

とにかくたくさん声に出す機会を作ることが上達の近道なので、この本でどんどん実践しましょう!

英語高速メソッド日常英会話集(vol.1(第1週目)) 2週間でネイティヴの脳&耳になる

英会話に必須の単語とフレーズを700以上掲載しており、内容の量と濃さもさることながら、ネイティブの頭で考える文法の構造がどういったものかを理解できるのも魅力です。

CDは3枚ついており発声スピードもそこまで速くないので、初心者でも練習しやすくなっています。

2週間集中してスタートダッシュを切りたい!という人はぜひ手に取ってもらいたいです。

基本の78パターンで英会話フレーズ800 パターンがわかればどんどん話せる!

音声データがネットで無料ダウンロードできるのが大きな特徴です。

CDを読み込まなくても聞きたいフレーズを耳から確認できます。

内容も中学英語のレベルでシンプルなフレーズが掲載されているので、パターンを覚えてしまえば単語を変えて応用しやすくなっています。

音声付きではないけれど、おすすめしたい本4選

本の上に立つ人

CDや音声データが付属していないのですが、内容が充実していたりイラストが豊富で、英会話を始めようとしている人に手にしてほしい本をいくつかご紹介します。

英会話海外旅行ひとこと辞典 携帯版

「海外旅行をする!」が目標な人はこの本に載っているフレーズを練習しましょう。

「急な海外出張が決まったけれど英語が全然…」という人にもおすすめです。

難しい単語や文法は使っていませんが、旅行をスムーズに進めるためのフレーズが掲載されています。

航空チケットの段取りや、ホテルのチェックインなど、旅行中ならではの会話がありますよね。

辞書がわりに旅行に持っていけるので、いざ海外で困ったとき強い味方になってくれるはずです。

和英・英和辞書もついているので、小さな辞書がわりに使えます。

中学英語でかんたん英会話

英会話を習得しながら、中学英語もおさらいできます。

英会話は難しい文章を作らなくても、中学校で習う英語で十分話せる!というのが理解できる一冊です。

イラストを用いて解説しており、読むというより見て学べるので、英単語のもつ意味のイメージを捉えて理解できます。

音声データは付いていないですが、紹介している例文は易しく日常生活で使えるものばかりなので、持っていて損はないですよ。

中学英単語でいきなり英会話

『中学英語でかんたん英会話』の姉妹本としてリニューアルされたものです。

内容は似ていますが、動詞、前置詞、助動詞をメインに、形容詞、副詞、代名詞、接続詞も幅広く紹介されています。

『中学英語でかんたん英会話』とセットで持っておくのもおすすめです。

英会話の9割は中学英語で通用する mini版

ベストセラーにもなった『日本人のちょっとヘンな英語』の著者の、英会話本です。

会話がスムーズに進むようなフレーズを丁寧に紹介していて、英語初心者でも抵抗なく読み進められます。

英語ネイティブが著者ということもあって、正しい英語表現が身に付くのも魅力的。

中学英語もわかりやすく学べますよ。

英語を0から始める=伸び代しかない!

アイデアを出す人たち

初心者向けの教材を厳選してご紹介しましたが、いかがでしたか?

英会話が難しく感じるのは、レベルの高い英語を使っているというよりも、英語そのものに慣れていないことが原因だった、ということが多いです。

どの本でも記載されていますが、日常や旅行中の英会話は中学校で習う英語の知識で十分です。

そして、英会話に必要なのは少しの勇気。

0から始めるということは、まっさらな状態で英会話を習得できるということです。

これから本当に使える英語力を身に付けていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました